見栄えを良くするために

シール

用紙や加工の選択

同人誌の印刷を業者に依頼する際には、使う用紙を細かく指定できます。特に表紙は、同人誌で最も目立つ部分なので、多くの作家が見栄えが良くなるよう考えて、慎重に用紙選びをしています。特によく使われている用紙は、コート紙です。これは新聞折り込みのチラシなどにも使われている、ツヤツヤとしている上に発色の良い用紙です。もちろん表紙では、チラシよりも厚手で頑丈なものが使われるのですが、艶やかさと発色の良さはチラシ同様です。そのためこれを使うことで、色鮮やかな美しい表紙となります。特に、表紙をフルカラー印刷とする同人誌にはコート紙は適していると言えます。また、逆に光沢の少ないマット紙が使われることもあります。光をほとんど反射しないので、これを表紙とすることで、落ち着きのある目に優しい同人誌が仕上がります。また同人誌を頒布するイベントでは、多くの場合は場内が天井のライトで照らされています。そのためコート紙の表紙は、角度によっては光を受けることで、真っ白に見えることもあります。しかしマット紙なら、どの角度から光を受けても、タイトルやイラストが白くなりません。つまり光沢がないからこそ、場所によっては目立つわけです。この他にも同人誌では、様々な用紙を選択できます。また、一層見栄えを良くするための加工オプションも選択可能となっています。模様の入ったフィルムでコーティングしたり、キラキラと光る金や銀の箔押しをしたりといった具合です。これらにより同人誌の表紙は、関心を集めやすいゴージャスなものとなるのです。

Copyright© 2017 理想の同人誌の表紙を作る!業者を利用する魅力 All Rights Reserved.