秘めているメリット

本

商品を守りアピールする

OPP袋とは透明フィルムを加工して袋状にした製品のことで、商品のラッピングに使用されています。中身がくっきりと見えるので商品の魅力を伝えられ、低コストで生産可能で包装材としては最適です。また、透明度のあるフィルムは適度に光を反射するために、商品が光沢感が出てより魅力を引き立ててくれます。OPP袋はポリプロピレンを原料に、たてよこに極限まで引き伸ばして製造しています。このため、引っ張る力には非常に強く、商品を入れてもよほど重量が重い場合を除いては破れることは少ないです。また、防水性が高いのもOPP袋の持つ特徴のひとつで、服飾品や紙製品の包装にも向いています。商品を棚に並べておいても、フックにかけておいても湿気から商品を守れますし、ホコリからも防いでくれるのもメリットです。商品の包装だけではなく、DMメールをOPP袋で包装して、お客様へと郵送するといった活用のされ方もあります。DMをせっかくお客様に届けたとしても、雨に濡れてしまうと文字は滲んで読みづらくなり、サービスや商品のメッセージが届きません。しかし、OPP袋なら耐水性能がありますので、DMを雨や水気から守ってくれます。また、OPP袋の利点は、透明であるために手に取ったときにDMの中身が見えることです。DMは開封せずにそのまま破棄される場合もありますが、OPP袋なら開封せずとも中身が見えますので、手に取るだけでも十分アピールできます。見える部分に魅力のある文言があれば開封してじっくりと読んでもらえる可能性も高まるでしょう。この他にもブックカバーとしても使われることがあり、透明のカバーはスタイリッシュでおしゃれな雰囲気を演出でき水から本を守ってくれます。

Copyright© 2017 理想の同人誌の表紙を作る!業者を利用する魅力 All Rights Reserved.